A DAY IN BANGKOK。

バンコク生活用の備忘録

エクスペディア フランスにて

シンガポール航空のサイトでプロモーション安売りチケット買おうとしたら、

例のビザカード使用時のSMS認証が出て、

シムを無くした愚かな私は買えなかった。持ってたら買えたのかどうかは知らない。

 

じゃあいつものエクスペディア。

けども、なぜかエクスペディアはこのプロモーションを扱っていない。そんなことがあるのですか。だって本家のサイトにまだ出ている値段ですよ。

 

じゃあしょうがない、他のサイトで買おうとしたらこちらもSMSが必要。

 

そうしてモタモタしているうちに、

シンガポール航空のサイトから、

プロモーション無くなった。

売り切れた?

 

諦めて第二候補に変更。

こっちはちゃんとエクスペディアで買えた、Expedia.fr

いつも使ってる.co.th .comではなくても、SMS認証はいらんのね。

Eチケットがフランス語で来た。エクスペディアはログインしてたらもう何も入力しなくていいから、フランス語のまま決済してしまったのだ。

 

飛行機は取れたので、パリまでのバス。

たった19ユーロなのに、バス会社のサイトではSMS認証が必要で買えない。

額の問題では無いのですね。

 

このSMSが必要かどうかの基準はなんなのだろう。

 

調べてもよくわからん。カードを一度でも、使った履歴のあるサイトはSMS要らないのかな。

 

で、他のサイトからこのバスのチケットを買えないか探してみると、

すぐにペイパルが使えるGOEUROとか言うサイトが見つかって、

そこから買いました。値段が14.7だった。本家より安いやん。

まぁそういうことも、ありますわな。

 

ペイパル万歳。

中国正月はスーパーリッチ休み

元旦だけ、緑と水色のレートがいいコンビは休みでした。

オレンジはやってた。

 

華僑はどこに行っても自身の文化で生きる。ここはタイやぞ。

ほんとこういうところ嫌い。滅びて欲しいけど、もう多すぎる。

バンクステートメントの住所変更

私が真っ当な存在であることを証明するために使える、バンクステートメントですが。

 

口座の住所の変更をして、二週間後バンクステートメントを発行したら、前の住所のまま。

 

住所変更はバンコクの、口座を作った支店でやって、バンクステートメントは、県外の田舎の支店で発行してもらった。

 

おかしいですね、新しい住所が反映されておりませんが。。。。

 

データベースには変更後の住所も入ってるようだけど、バンクステートメントに記載される住所は、元のままのが残っていたらしい。で、それはやはり、口座を作った支店に行かないと変更できないそうだ。

 

変なシステム。登録する住所が複数あるってことでしょうか。「残高証明書に載る住所を変更したい」って言いましょう。

 

銀行員、あほ。

 

ワンツーコール 国際ローミング

以前にもここにメモしたが、ワンツーコールの国際ローミングを申し込んで置いたおかげで、ちゃんと使えました。

オンラインでのクレジットカード決済に必要なSMSも、チーンと受け取れて、これは便利。それに、呼び出しだけなら国際電話料金もかからないので、+66の番号も連絡手段として非常に有用でありました。

 

ただ、現地のローミング案内や広告のSMSも、繋げたら受診してしまうのですが、これもタダではないんでしょうね。タイに戻ってきたら、残高が少し減っていました。

 

あと、現地の電話から、私のワンツーコールに+66でかけてもらったのですが、なぜか発信元の番号も+66で、タイランドからという扱いに。

私はすっかり、タイから誰かが電話をかけてきたと思っていたのですが、現地からの電話も+66で番号が表示されることもあるようです。

 

留意。

 

One2call モバイルインターネット 一日五十バーツ上限は撤廃ですか?

もうずっと使っているワンツーコール。私の頼りない記憶では、何のパッケージも申し込まずに使うと、1分1バーツで、それが50バーツくらいを超えると、自動的に1日定額パッケージ扱いとなって、それ以上の徴収はなかったような。

 

しかし先日、そう思い込んでいた愚かな私は、1日で100バーツ以上残高が減っているのを知り、愕然とする。

 

そういえば、以前のような、「あなたの使用料は50バーツを超えたので、1日パッケージに入ります」といった内容のSMSも来なかった。

 

怒り骨髄に達す。

One2call  ローミングサービス *125

 アイフォンをプロモーション価格で買うために、無理やり入ったAISの月ぎめ。一年縛りが終わって、晴れてワンツーコールに戻すことができた。

 

プリペイドに戻した理由は、海外でSMSの受信ができるから。

あれ? 受信はできなかったっけ。でも、通知みたいなのは受けれて、それで、タイ国外でクレジットカードを使うときにOTPを受け取れた。これが便利だったのよ。

 

ところが最近マレーシアに行って、ワンツーコールのSIMを刺した俺の電話、no serviceって出る。おかしいよ。こんなはずじゃないよ。

 

以前は、電波の強さを表す棒の横に小さく、Rと出て、それがローミングしてまっせ、の意味。

ローミングで電話したりすると恐ろしく高いのだけど、このすばらしい、自動ローミング機能、無くなったんですか?

 

えーーーーーー。

 

と思って調べてみたら、*125で申し込まないといけないらしかった。

あーあ。

おかげで無駄な手数料300バーツ払うことになってしまったよ。

ずいぶん昔にこの手続き、自分でやってたんだね。

覚えてるわけがない。

 

あれ? ひょっとして、この*125のサービスは、ワンツーコールだけじゃなくて、

ポストペイドの契約でも使えるのかな。

サービスセンターで質問した時は、なんか別に数百バーツの契約をしないとか

言われて、高いからやめた記憶があるんだけど、この簡単ローミング、

実はできるんでしょうか。今となってはどうでもいいことだけど、、、、。

m passにリチャージできない。

SCBのアプリから、リチャージできたらいいのにな。

アプリのメインメニューにあるよ。でもそれはEASYPASSのほう。

これたしか、以前はMPASSとEASYに分かれてたけど、

今は統合された、とかなんとか。

 

で、SCBのアプリのめニューにあるのは、EASYのほう。

どっちだって同じだろ、と、

mPASSの裏にめっちゃ小さくプリントされてるシリアルナンバーを入れたら、

エラー。

 

だめですか。

 

ならばmPAY(mPASSじゃなくて、AISのmPAYのほう)。

これにもイージーパスのメニューあるけど、シリアルナンバー入れても

エラーが出て、だめ。

 

いーじーぱすならできるの? じゃあイージーを申し込めばよかった。

でもイージーって、どこで申し込むのだろうか。

 

mPASSはKTBの管轄。なので、KTBのオンラインバンキングからなら

できそう。だけど俺はKTBの口座自体を持っていない。mPASSカードしかない。

だから、だめ。

 

mPASSのサイトというのもある。

 

これがひどい。デザインも何もかも、ひどすぎる。

ログインできるみたいだけど、レジスターはできないのかな。

デザインも機能もあきれるれべる。

20年前の、一か月で10人くらいしか見に来ないのに、つくってみました、

みたいな個人日記サイトのレベル。

 

mPASSって、かなりの人が使ってるはず。そのサイトが、こんなレベル。

なぜまともな技術者を雇わない、あるいはまともな業者に外注しない。

頭に浮かぶのは、縁故採用、癒着、そのたぐいの言葉。

早くつぶれろこんな銀行。

 

そのサイトには、mPASSのアプリというのがあって、それを使え、

みたいなことが書いてありますが、

アプリダウンロードして、

必要事項入力してレジスターボタン押しても、

なんの反応もなし。サイトのデザインがまずすぎて、

まともに動いたら逆にびっくりするレベル。

ていうかここもサイトとデザイン同じなので、同じ奴が作ってるっぽい。

なんでこんなのがアイフォンのアプリ審査通るんだ??

 

明日銀行に行ってリチャージするしかないな。

カードの裏面のシリアルナンバーがあれば入金できるらしい。