A DAY IN BANGKOK。

バンコク生活用の備忘録

頭痛 肩こり 低い椅子

ひさしぶりに頭痛。

吐き気がするほどの。

 

頭痛の理由は、直接的には肩こりだろう。でもなんでこんなに肩が凝ったのか。

昨日、胃もたれもあって少し早めに仕事を終えて、家に帰って、すぐ寝てしまった。で、夜中に目が覚めて、うつらうつら。睡眠は十分ではないから、明日のために寝ないといけないけど、ベッドやソファーでスマホをいじってしまい、それがまず肩こり+寝不足。

 

ところが朝五時にやはり眠くなって、十時まで寝てしまう。

これで一日の睡眠時間は6時間くらいとれてるはずだけど、やや足りないかなぁ。

 

起きた時から、すこし肩が凝ってる感はあった。夜中ずっとスマホいじってたから。それにその前日も、ゲームに熱中してしまい、やることやらずにスマホばっかり。このスマホというのは確かに肩がこる。ただ爆発頭痛を起こすほどではない。軽い頭痛で、自分で首の後ろを揉めば治る程度の。

 

日ごろ、一日中パソコンに向かって作業することはけっこうあるけれど、私はめったに肩なんて凝らない。それこそ三十分ほど散歩すれば体がほぐれて、頭痛には至らない。そういう体質。

 

ただ今日は、11時に目が覚めて後、三時からの仕事の予定が七時からにずれ込んで、その四時間を、出先の喫茶店でずっと作業に充てた。けっこう集中してパソコンに向かって、時間を忘れて作業したのが二時間ほど。たぶんこれが致命傷。気が付いたら、首が回らないほど肩が凝ってる。左腕も上がらない。頭痛が始まる。しかしまだ耐えれるレベル。

 

で、仕事が始まって、頭痛はどんどんひどくなるばかりで。十一時前には、もう吐き気を伴うくらいの頭痛になってきたので、ギブアップして帰宅。やってしまった。

 

帰りのタクシー一時間、吐き気がしてたいへんだった。かえってさっそく風呂に湯を張り、半身浴を45分。どざえもんのように風呂に浸かってると、だんだんと首が回るようになり、腕も上がるようになった。ただ45分でもうずいぶんのぼせてしまったので終了。この時点で頭痛はかなり収まっている。

 

ふう、やっとおさまった。半身浴の効果はすごいね。肩と背中の凝りがほぐれたということだろう。じゃあマッサージも頭痛に効果あるのかな。いや、その前に原因を考えたい。

 

思えばなぜこんなにひどい肩こりになってしまったのか、心当たりが一つある。それは喫茶店のテーブルの高さ。このテーブルが、椅子に対して、パソコンで作業するには少し私にとっては高すぎた。子供が大人用の席に座ってるみたいな、手を置く机の位置の相対的な高さ。

 

そうだ、いつもより机が高い、という状態で作業をすると、この吐き気頭痛に至るほどの肩こりを発症してしまうことがこれまでにもあった気がする。以前、家の机で作業すると、その当時はマウスを使っての作業が中心だったせいか、一日やると右側の首ががちがちに凝って、すぐに頭痛薬。そして翌日は一日中眠る。なんという無駄な。あの当時の椅子は低かった。

 

ただそういう肩こり、家の椅子を代えてから、まったくなくなった気がする。

確信ではないけど、これは今更ながら、気づいたかもしれない。

 

高い机で長時間没頭作業するのは、自爆行為。

 

ああ、つらかった。もう今すぐ隕石が俺の頭上に落ちてきて、一瞬でぺしゃんこにしてくれはしまいかと思うくらいに。

 

没頭系の作業をするときは、机の高さをあらかじめ確認すること。

備忘録。